サスティナビリティ

ハヤシ商事グループの
サスティナビリティ

「環境・健康・衛生」向上のために私たちが果たすべきことは何かを問い続けます。

「価値創造を追究し続け・お客様の生活文化の向上に貢献する」との企業・経済理念の下グループ・従業員一体となって事業活動に取り組んでいます。

SDGsとは

SDGs(エスディージーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。

このサミットでは、2015年から2030年までの長期的な開発の指針として、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。この文書の中核を成す「持続可能な開発目標」をSDGsと呼んでいます。

3.すべての人に健康と福祉を
リスクアセスメントを実施し、作業者の健康を守る

リスクアセスメントの実施

取り組み内容

職場のみんなが参加して、職場にある危険の芽(リスク)とそれに対する対策の実状を把握し、災害に至るリスクをできるだけ取り除く。

取り組む為に何が必要か

危険性又は有害性から労働災害発生に至るプロセスを理解する

効果

  • a.職場のリスクが明確になります。
  • b.職場のリスクに対する認識を管理者を含め、職場全体で共有できます。
  • c.安全対策について、合理的な方法で優先順位を決めることができます。
  • d.残されたリスクについて「守るべき決め事」の理由が明確になります。
  • e.職場全員が参加する事により「危険」に対する感受性が高まります。
6.安全な水とトイレを世界中に
有害な化学物質の使用を最小化

取り組み内容

■ロスの減少
■使用薬液の天然由来成分へ移行(海の豊かさを護ろう)

恵まれた環境でのものづくりを
継続していくために

取組み事例

きれいな水を使い続けていくためにできること
豊かな水と豊かな森はひとつのセット
  • ■清流仁淀川の水と純粋パルプ100%を利用し、環境に優しい商品づくりを目指しています。
  • ■仁淀川のキレイな水質のおかげ
  • ■高品質な紙を作るために水はとても大切です。
  • ■仁淀川は、全国1級河川水質ランキングで連年1位を記録(国土交通省発表)し、その伏流水を利用して当社のやわらかいティシュペーパーが作られています。

森は水の源となるだけではなく、人が生きるのに必要なさまざまな役割を果たしています。仁淀川の水を守るために森を守る活動が、そこで暮らす生き物を守り、災害を防ぐことにもつながっているのです。

  • ◎植樹イベントへの参加
    (一社)高知県製紙工業会
  • ◎抄紙、製品の安全性確保
    人体や環境に有害な物質は含まれていません
  • ◎排水の適切な管理及びリスク管理
    産業廃棄物処理業者に委託し、適切に回収・処理されていることを確認しています
12.つくる責任 つかう責任
持続可能な生産消費
恵まれた環境でのものづくりを継続していくために

取り組み内容

フィルムの厚み軽減
■フィルムの素材を有機性資源を原料にしたバイオマスプラスチックに変更
■印刷インクのバイオマスインキ化

取り組む為に何が必要か

加工適性の確認、社内・印刷会社との連携
印刷会社、得意先との連携

効果

ゴミ排出量の削減

取組み事例

  • ①包装フィルムの薄肉化
    (プラスチック容器・包装のもつ操作性、生産性等の利便性を損なうことなく、本体の厚みを薄くすることで環境対応型容器として、使用樹脂量を減らすこと)
    ⇒2020年春発売分より、ポケット用フィルムは30μから25μへ移行時、実質的な使用樹脂量削減へ取り組み開始。
  • ②環境配慮型インキの採用
    ⇒樹木や種子、米ぬか等から得られる植物由来成分をインキ固形分中に10%以上含有する「ボタニカルインキ」を2020年秋発売キュートピローシリーズから採用。
  • ③易リサイクル化
    (容器包装を消費者が分別排出しやすく、素材ごとに分離し易く工夫すること。また配送時に折り畳みやすくしたものは、嵩が減り、輸送コストや、輸送におけるCO2の削減にも寄与する)
    ⇒ポケットやクッキングペーパー用フィルムは単一素材で構成されており、リサイクル適性が高まる。